間違った方法では意味がない脚痩せ

間違った方法では意味がない脚痩せ

「足が太くなった原因」をまずは正しく理解しておくことが脚痩せの実践をする際には重要なポイントとなります。
その結果エクササイズやグッズなどで必要無いモノや、逆効果になってしまうことさえあるものを回避させることが出来るのです。
いわゆる「足が太い原因」である、脚痩せをすることが必要になったことを理解していますか?
何にでも原因があるもので、例えば食べ過ぎや運動不足なのかもしれませんし、もしくは遺伝の可能性だってあるのです。
毎日頑張ってダイエットをし、目標の体重になったのにも関わらずリバウンドして逆に体重が増えてしまったことはありませんか?
意外と知らない方も多いですが、エステで「痩せやすい体質」を実現しなければダイエットで成功することは難しいのです。 一昔前と比べても最近ではその傾向が徐々に高くなってきており、脚痩せは多くの女性が気にしていることの一つなのです。
一生懸命エクササイズを実践したり、グッズを買ってみたりなど様々な方法で足やせを目指している人は多くいますが間違った方法では意味が無いのです。

 

携帯買取、今すぐアクセス
http://mobi-ecolife.com/



間違った方法では意味がない脚痩せブログ:22 1 2019

ミーがスポーツを始めたきっかけは、
高校のクラブ活動のバスケットボールでした。

たまたま、友人の付き添いで見学に行った際に、
背が高いと言う単純な理由で勧誘され、そのまま入部…

とはいえ、
みんな小学校、中学校からの経験者ばかりで、
初心者はミーのみ…

一人メニューから外れて、
基礎練習をすることもしばしばで、
寂しいなーなんて思っていました。

全体的に身長が低いチームだったため、
ミーは早い時期から試合に出してもらうことが多くなってきました。

しかし、
ありえないようなファールを重ねては、毎回退場していました。
試合に出ても、ドリブルはさせてもらえません。

試合に出してもらうたびに、
ミーは「ごめんなさい」の連続でした。
試合に勝っても、嬉しいより、終わったと言う安堵ばかりでした。

ある時、
大事な大会に出ていました。
その試合はとても接戦でしたが…

チームのエース的存在である友人が、
その日に限って不調でした。
友人はミスを重ねる度に、
プレーが小さくなっていくのがわかりました。

いつもは、
周りのことなど見えていないミーでしたが、
その時は助けたいなって思いました。

ミーは、シュートが決まらなかったボールを拾う役割のポジションです。
友人が何度シュートをはずしても、懸命に拾いに行きました。

友人が安心してシュートできるように…
はずすことを恐れなくていいように…
その時のミーは、いつもよりずっと視野が広く、
いつもよりたくさん活躍することができました。

その時に気づいたのです。
「ミー、周りを全然見てなかった」
ミーは、ミスを恐れるあまり、ずっと自分ばかり見ていたんですね。

そんなミーが、周りを見た時、
「ごめんなさい」よりも
大切なことを見つけたのだと思います。

ホーム サイトマップ