間違った方法では意味がない脚痩せ

間違った方法では意味がない脚痩せ

「足が太くなった原因」をまずは正しく理解しておくことが脚痩せの実践をする際には重要なポイントとなります。
その結果エクササイズやグッズなどで必要無いモノや、逆効果になってしまうことさえあるものを回避させることが出来るのです。
いわゆる「足が太い原因」である、脚痩せをすることが必要になったことを理解していますか?
何にでも原因があるもので、例えば食べ過ぎや運動不足なのかもしれませんし、もしくは遺伝の可能性だってあるのです。
毎日頑張ってダイエットをし、目標の体重になったのにも関わらずリバウンドして逆に体重が増えてしまったことはありませんか?
意外と知らない方も多いですが、エステで「痩せやすい体質」を実現しなければダイエットで成功することは難しいのです。 一昔前と比べても最近ではその傾向が徐々に高くなってきており、脚痩せは多くの女性が気にしていることの一つなのです。
一生懸命エクササイズを実践したり、グッズを買ってみたりなど様々な方法で足やせを目指している人は多くいますが間違った方法では意味が無いのです。

 

携帯買取、今すぐアクセス
http://mobi-ecolife.com/



間違った方法では意味がない脚痩せブログ:21 5 2019

日本語には、
「お腹」を使う表現がいろいろありますよね。

「腹を決める」(決心する)、
「腹が据わる」(度胸がある)、
「太っ腹」(度量が広い)、
「腹を切る」(責任をとって辞める)などなど‥‥

このように昔からある
「お腹」にまつわる表現を見るにつけ、
お腹は、気持ちや考え、度胸、姿勢などを左右する
大切な体質の部位だということが再確認できます。

みなさんは、いかがでしょう?
気分がすっきりして、姿勢もよいときは、
知らないうちにお腹にキュっと適度な力が入っているのでは?

反対に気持ちが萎えて、
なんとなく前屈みになってしまっているような時は、
お腹から力が抜けてしまっているのではないでしょうか?

お腹に力を入れるには、腹筋を使います。
でも、年齢とともに腹筋は衰えてしまいます。

下っ腹がポッコリと出てしまったり、
腹圧が弱くて便秘がちになったりするのも、
腹筋の衰えが原因のひとつにあげられるようです。

「腹を割る」まで腹筋を鍛える必要はありませんが、
健康的で快適な日々を過ごすためには、
日頃から腹筋を意識して使うようにしたいものですね。

ただし、急に激しいトレーニングをしては、
かえってこしなどを痛めてしまうこともあります。

それよりも、
日々、家事や仕事をするときにおへその少し下辺りを意識して、
お腹をキュッと引き締めるようにしたり、
ゆっくりと腹式呼吸を繰り返したりするだけでも、
しっかりと腹筋を使うことができますよ。

もちろん、
簡単な腹筋トレーニングもおすすめします。
テレビを見ながら、あるいは晩寝る前などに
少しずつやってみましょう。


ホーム サイトマップ